8月6日原爆の日

毎年この日が来ると、感じること・・
私の父は、8月末生まれ。今年で62歳。そう、原爆の日、ばぁちゃんのおなかにいました。
原爆の日のじぃちゃんの話、おなかの大きかったばぁちゃんの話、子供の頃からずっと聞いてきました。もちろん、広島生まれの広島育ち、小学校の頃からずっと平和教育も、その当時は学校で戦争のスライドや映画、話、ピカドンと言う言葉、全てが恐怖で本当に耳をふさぎたかった。
今年、ふと戦後62年って、まだたった60年前の出来事なんだ。って思いました。私が子供の頃は戦後30~40年?!そんな、あまりにも近い過去・・だんだん被爆体験された方のお話を実際聞く機会も減ってきて・・
若い方や広島や長崎以外の方は、あまり知らない人が増えつつ・・
私のダ~は、他県の人ですが、小学校の頃、平和教育なんてなかったんだって。それを初めて聞いた時私はけっこうなショックとびっくりでした。広島だけなの?って。
100年以上昔のような遠い昔の出来事のように感じていたけれど、そうではなかったんだな・・
命の尊さや平和、娘たちにも教えていきたいな・・と感じています。
私のじいちゃん、御年89歳(Hinaと80歳差)、ばぁちゃん85歳。
いつまでも元気でいてほしいです^^
[PR]

by bienenbaum | 2007-08-06 22:11

<< プール当番^^ 待ちに待ったホーロー^^ >>